angle-up angle-right angle-down angle-left close user menu open menu closed search globe bars phone store

公平さのガイドライン

公平なレビューのガイドライン

Educational Testing Service は、社会の多文化的性質を考慮した試験およびその他の製品を作成し、またそこに属する多様な人々に対し尊敬の念をもって接することに尽力しています。また ETS は、多様化を続ける顧客基盤を形づくる受験者やその他の人々が、当社の製品に平等にアクセスできるようにするための取り組みを行っています。これらの目標を達成するため、ETS はセンシティビティ レビューおよび特異項目機能 (Differential Item Functioning/DIF) 分析を実施しています。

障害のある方のための ETS 製品およびサービスへのアクセスをサポートする当社の取り組みについては、ETS Office of Disability Policy ウェブサイトをご覧ください。

ETS は、すべての製品 (テスト項目、アセスメント、教材、出版物、その他の製品を含む) に対し、米国社会に属する多様なグループに対するセンシティビティ (配慮)、およびそのグループの貢献に対する認識についての評価プロセスを義務付けています。またこのセンシティビティ レビューにより、ETS 製品が何らかのグループに対する固定観念または性差別的、人種差別的、攻撃的、不適切、否定的な言語や記号、例示を使用していないかを確認できます。

その後テスト問題に対し DIF 分析が行われます。

ETS Standards for Quality and Fairness では、ETS のすべてのテスト プログラムに対し、公平さに関する独自の計画を策定するよう定めています。ETS Standard の「A Model Fairness Plan based on the Fairness Chapter」(チャプター 5) は、各テスト プログラムの計画策定をサポートするために開発されたものです。

このように、公平さのレビューを行うことで ETS の製品とサービスが ETS Standards for Quality and Fairness で規定される公平さの基準に間違いなく準拠していることを確認できます。また、公平さのレビューは以下に対する反応性への一般の認識を高めます。

  • 米国の多文化性
  • 米国およびその他諸国の受験者が抱く多様な背景や文化的伝統、視点
  • 米国社会に属する各グループの役割とこれに対する考え方の変化
  • 米国の歴史と文化に対するさまざまなグループ (民族や少数派グループ、障害のある個人、女性を含む) の貢献、および各グループ内での功績
  • さまざまなグループに対する考え方の定着および変化において言語が担う役割

また、ETS International Principles for Fairness Review of Assessments は、主に米国以外での使用を目的としたテストの開発プログラムのためのガイドブックです。ETS が開発した文書により、これらのテストが公平かつ ETS Standards for Quality and Fairness に準拠しており、またテストが実施される国の文化に対し適切かどうか確認することができます。

Promotional Links

NAEP と ETS

NAEP と ETS ETS は長年にわたって、心理測定やアセスメントの革新的な構想の導入において NAEP プログラムをサポートしています。詳細 (英語) >

こちらも併せてご覧ください...