angle-up angle-right angle-down angle-left close user menu open menu closed search globe bars phone store

スコアの守秘義務

TOEFL® プログラムでは受験者のプライバシーに関する権利を保護しています。ETS のプライバシーと情報セキュリティに関する方針に基づいて、当プログラムでは、保有するデータまたは調査のファイルに保管されている情報が不正に開示されることがないよう責任をもって保護します。このデータは、次の特定の条件下で共有することがあります。

  • ETSまたは正式な権限を与えられたその関係者が、検証の目的で受験者のスコアデータを機関または団体と共有することがあります。
  • TOEFL テストのスコア データまたはライティングおよびスピーキングの解答で、個人が特定されないものは、情報、研究、統計、研修の目的で随時使用されることがあります。TOEFL の記録に保持される情報は、オンラインスコアレポートおよび公式スコアレポートに記載される情報と同一です。
  • 公式スコアレポートは、受験者がテストの登録時または Score Report Request Form (スコアレポート申込フォーム) で選択した、あるいは、その他の方法で受験者が許可した団体または機関にのみ送付されます。
  • 受験者が各自の TOEFL 受験番号を事業体 (政府の入国管理局など) に知らせた場合は、TOEFL のスコア データを当該事業体に開示することを承認したものと見なします。ご自身のスコアデータへのアクセスを許可する意図がある場合を除き、受験番号は他人に知らせないでください。
  • 事業体がアクセスを求める場合も ETS に連絡する必要がありますが、その後は、本人が提供した情報を使って本人のスコアにアクセスすることができます。詳細は、Terms and Conditions of the TOEFL Online Score Verification Service (TOEFLのオンラインスコアの検証サービスに関する規約) (英語コンテンツ)をご覧ください。
  • ETSの目的は、他に頼らない受験者本人の能力を反映する有効なスコアを報告することです。そのために、ETSは、ETSが所有する、受験者および受験条件に関する情報を全て、以下の適切な事業体と共有する権利があるものとします:
    • ETSと契約を結び、TOEFLのテストスコアの権限ある利用者として認められる全団体。この団体には、ETSが受験者の要求でスコアの報告をする全団体が含まれます。
    • 米国における犯罪法または移民法の管理または施行を担当するあらゆる政府機関。
  • 適切な事業体に配布する情報には以下を含みます - 受験者確認情報、あらゆる試験のセキュリティ調査の実施および調査結果に関する情報、試験が実施されたテストセンターに関する情報。

スコアを受領した機関が、受験者の許可なくスコアを開示することはありません (受験者および受領者に適用される約定および法律に従います)。

次:ETSのデータ保存 >