angle-up angle-right angle-down angle-left close user menu open menu closed search globe bars phone store

追加 ID の例

以下の場合は追加IDが求められることがあります。

  • テストセンターの監督者が ID に不審点があると感じた場合
  • フルネーム、写真、署名がない、以外のIDは認められます。

姓の不一致の問題を追加IDで解決することはできません。テストの前に解決できるよう、TOEFL®サービスにご連絡ください。

注意: 承認を受け署名のある追加ID(下記参照)を提示できない場合は、政府発行の顔写真付きIDカード2枚で代用できます(ただし、登録時に使用した氏名と同一でなければなりません)。

認められる追加ID

以下の ID は、通常、追加 ID として認められます。

  • 政府発行の ID カード (有効な ID の例 としてリストされているものを含むがこれらに限定されない)。
  • 学生証
  • 在籍する教育機関発行の身分証明書。この証明書は、在籍するまたは在籍した教育機関のオリジナルのレターヘッドにタイプまたは印刷されたもので、「必要な本人確認書類」の要件をすべて満たすとともに、生年月日と発行日が記載されていなければなりません。また、学校職員による署名と校印が必要となり、これらが受験者の写真に一部重なるように署名/押印されている必要があります (以下を参照)。これらの手紙は発行日から 1 年間のみ有効です。
    身分証明書の画像
  • 運転免許証の更新
    • 米国軍人で、運転免許証の有効期限が発行州によって延長または延期された場合は、米国軍人IDカードと共にそれを提示することで追加IDとして使用できます。州によって異なりますが、有効期限の延長/延期は、免許証にステッカーを貼ったり、有効期限のところに「military」と印刷される場合のほか、個別書類を免許証と携行する場合などがあり、通常は兵役から帰還後も一定期間、その運転免許証が有効であることが記されています。
    • 運転免許証が失効していても、Department of Public Safety (公安局) の更新証明書 (コピー不可) と併せて提示した場合、両方の書類の氏名が完全に一致していれば、有効なIDとして認められます。更新証明書に代わって暫定的な免許証を発行された場合は、追加 ID を併せて提示する必要があります。

テスト当日に持参すべきものは何ですか?