angle-up angle-right angle-down angle-left close user menu open menu closed search globe bars phone store

標準テストの目的

ETS の目標と標準テストの目的は同一であり、有益な結果を生み出す公平性、妥当性、信頼性の揃ったアセスメントを提供するという一言に尽きます。標準テストは同じ条件下での同一あるいは類似情報のテストであるため、高レベルの品質が保証された環境で慎重に実施した場合、問題の偏りを排除し、不公平さを防止することができます。

そのため、地域に関わらず世界各地の受験者の実力を比較することが可能です。 テスト結果の用途は特定目的に基づく設計の精度によって異なります。設計の優れたテストの結果は、以下のようなさまざまな目的で使用できます。

目的 テスト結果の用途
免許交付または認定 受験者が有資格者として認定される、または職業資格を取得するために必要な知識とスキルを保有しているかを検証します
入学 教育機関への入学資格に関する情報を提供します
レベル分け 学生が選択すべきコースまたはコースレベルを決定します
雇用 採用候補者または従業員の雇用、配属、昇進に関する決定を示します
カリキュラムベースの学期末テスト 学生が学習コースの目標を達成しているかを判定します
卒業テスト 学生が在籍する教育レベルの卒業に必要な学力を備えているかを判定します
方針ツール 方針策定者に対して資金調達やクラス規模、カリキュラム調整、教員の能力開発などに関する意思決定を行うためのデータを提供します
コース単位 学生がコース内容の知識を備えていることを実証できる場合、未受講のコース単位を付与すべきかを判定します
説明責任 教育システムにおける各レベルにテストの結果 (学生が取得すべき学力を備えているかが示される) の責任を問います

Promotional Links

こちらも併せてご覧ください...