angle-up angle-right angle-down angle-left close user menu open menu closed search globe bars phone store

Our Leadership

Amit Sevak

代表取締役社長兼最高経営責任者

Amit Sevak, CEO

Amit Sevakは、ETSの代表取締役社長兼最高経営責任者として、毎年5000万人以上にサービス提供を行い200カ国に2万人以上の職員を雇用する世界で最大規模の民間教育評価機関をリードしてきました。

Sevakは、教育・学習・労働力開発に特に重点を置いています。彼は、スペインのマドリードにあるUniversity of Europe、マレーシアのINTI International University、およびメキシコのUniversidad Tecnológica de México (UNITEC)を率いてきました。一貫してイノベーションにつながるリーダーシップに転機をもたらす彼のこのスタイルは、何百何千という生徒と労働者により良い学習と将来のキャリアアップをもたらしています。

Sevakは教育工学企業の最高経営責任者に対し、長きに渡り指導を行っています。また、Cambiar EducationやCitiBridge、Education Design Labを含む数多くの非営利理事会にも携わっています。2017年には、教育投資会社であるMindset Globalを設立しました。彼は、自身のキャリアの初期に研究者・教授・アドバイザーとしての役割も果たしています。

SevakはUniversity of Chicagoで学士号および修士号を修めました。さらに、Harvard Business Schoolで経営学修士(MBA)も修めています。彼は教育の未来・就労・教育評価・市民参加についての定期講演者でもあります。三人の子供をもつ家庭の父親であり、プリンストン・ニュージャージー・ワシントンD.C.エリアに生活の拠点を持っています。

Jack Hayon

上席副社長兼最高財務責任者

Jack Hayon

上席副社長兼最高財務責任者として、Jack Hayon は、ETS の財務状態を健全に保ち、会社を成長させ多様化させる責任者です。

Hayon は、2003 年に財務および管理のグループエグゼクティブディレクターとして ETS に加わり、2005 年に副社長に昇進、そして 2011 年に彼の現在の役職に就きました。彼は、ETS の財務、財務管理、サービスの質を強化した多くのプロジェクトを監督しました。

前職では、Hayon は、Boston Globe の財務担当副社長、そして New York Times Company の監査役副社長および企業情報システム部門の責任者を歴任しました。

Hayon は New York University (NYU) Stern School of Business でコンピューターアプリケーションの MBA、NYU School of Business & Public Administration で会計学とコンピュータ応用学の学士号を取得しています。彼は公認会計士です。

David Hobson

副社長兼秘書

David Hobson

副社長兼秘書として、規制および法律の要件を確実に順守するために、David Hobson は企業統括を管理し、ETS 子会社の統括活動を調整します。

近頃、Hobson は、Center for Advocacy and Philanthropy(擁護者と慈善のためのETSセンター)(CAAP)のリーダーとして、Center for the Assessment of Educational Progress (教育の進歩の評価のためのセンター)、指導と学習、学校と大学サービス、および事務官およびグローバル部門を含むテストサービス、財務および戦略業務部門に役職を得ました。

Hobson はNational Assessment of Educational Progress (NAEP)、Qatar Comprehensive Educational Assessment、California High School Exit Exam、California Standardized Testing and Reporting programの取り組みにおいて中心的な役割を果たしています。それに加え、彼は第3回国際数学・理科研究会(Third International Math and Science Study)の、National Center for Education Statistics の顧問でした。

Hobson は、Rider University より経済学で MBA と学士号を授与しています。

Sheree Johnson-Gregory

副社長、副法律顧問、主任ダイバーシティ担当者

Sheree Johnson-Gregory

副社長・副顧問弁護士として、Sheree Johnson-Gregory は、法律顧問事務所の弁護士スタッフ、会社の契約、著作権と許可、商標、ドメインと権利侵害、および Office of Testing Integrity(テストの整合性に関する事務局)を監督しています。彼女は、CEO直属の、同社の主任ダイバーシティ担当者でもあります。

Johnson-Gregory は、1985 年に顧問弁護士補として ETS に入社しました。その後、副法律顧問と副社長に昇進しました。また、障害者政策局(Office of Disability Policy)の局長と ETS の審査委員会(Board of Review)の委員長も務めました。ETS に加わる前に、Johnson-Gregory は、ニューアーク法務局(Newark Legal Department)のアシスタントコーポレーションカウンセルおよび地方検察官を務め、雇用機会均等担当者として防衛関連企業に勤務していました。

Johnson-Gregory は、Bennett College を卒業し、Columbia University で法学博士号を取得しました。彼女はニュージャージー州の弁護士です。

Ida Lawrence

リサーチ開発担当上席副社長

Ida Lawrence

上席副社長として、Ida Lawrence は、評価と学習技術の研究開発、リサーチおよび測定化学、Institute for Student Achievement (ISA)、National Assessment of Educational Progress (NAEP) を含む国家評価プログラム調整、Center for Global Asessents and Human Capital、コンプライアンスの専門的基準および障害に関する方針、Center for Strategic Research and Development Alliances、研究開発(R&D)ライブラリを含む機能的な分野を監督しています。

彼女は、統計解析の分野でETSのキャリアをスタートしました。彼女が設計・指示した測定作業は、Preliminary Scholastic Aptitude Test/National Merit Scholarship Qualifying Test (予備スカラシップ適性テスト/全国 Merit スカラシップ資格テスト)(PSAT/NMSQT®) とSAT®テストです。上席副社長に就任する前は、彼女は、SAT および PSAT/NMSQT プログラムのエグゼクティブディレクター、リサーチ開発プログラム研究部長、評価開発部門の副社長を務めました。

Lawrence は Barnard College で心理学の学士号、New York University で教育心理学の修士号と博士号を取得しました。

Lawrence は Every Child Valued の役員も務めています。

Sara Lester

人事および学習担当副社長

Sara Lester

Sara Lester は、人事および学習担当副社長として、従業員人事、学習、開発、人材管理、組織設計、後任計画、採用、報酬、福利厚生、報酬、業績管理、人事情報システムなどのすべての人事プロセスを担当しています。

Lester は顧問弁護士補としてETSに加わりました。ETSに参加する前は、 D. E の弁護士でした。世界的な投資および技術系企業である Shaw & Co, L.P.とニューヨークのヘッジファンドで、人事、雇用、訴訟問題について経営陣にアドバイスを提供していました。また、Cleary Gottlieb Steen & Hamilton LLP の国際法律事務所にて訴訟代理人、ニューヨーク南部地区の Hon. Richard M. Berman 社の連邦法事務官としても活躍しました。

Lester は Yale 大学で文学の学士号、Duke University School of Law の法学博士号を取得しています。

Eddie Monteiro

COO(最高執行責任者)

Eddie Monteiro

ETS のCOO(最高執行責任者)として、Eddie Monteiro は、会社全体のトランスフォーメーションのアジェンダを設定および推進し、物理的なサプライチェーン、生産と納入、テストの監督と管理、不動産、エンタープライズの品質、リスクとプログラム管理を含む、あらゆるテクノロジー、及びオペレーション活動を管轄します。また彼は、ETS 最大の顧客である College Board®、そして K–12 アセスメント・ポートフォリオ、学生と教師のアセスメントビジネスも管轄しています。

Monteiro は ETS に加わる以前に、200か国以上に事業展開するグローバル教育企業の Pearson でグローバルビジネスおよびテクノロジーサービス担当のシニアバイスプレジデントを務めていました。Pearson の前ですが、Monteiro は米国、メキシコ、ブラジルの IBM でさまざまな役割を歴任しました。

Monteiro は、Columbia Universityで MBA、London Business Schoolで MBA、University of Pennsylvaniaの工学・応用科学部、School of Engineering and Applied Scienceで応用科学の学士号を取得するとともにWharton School of the University of Pennsylvaniaで経済学の学士号を取得しています。

Scott Nelson

上席副社長兼グローバル戦略と成長および最高マーケティング責任者

Scott Nelson

Scott Nelson は、上席副社長兼グローバル戦略と成長および最高マーケティング責任者です。彼は、企業戦略および新製品から企業開発までのマーケティングと成長への取り組みの責任者です。また、GRE®プログラムと高等教育部門、ETS の販売代理店の優先ネットワークと TOEFL®TOEIC®プログラムを含むグローバル言語学習・教育・評価部門、監督しています。

ネルソンは 2006 年に Communications & Public Affairs の副社長代行として ETS に入社し、同部門を経て戦略、マーケティング、成長の上席副社長に就任しました。それ以前には、DuPont 社でコミュニケーション、広報、マーケティング部門のリーダーを務めていました。

​Nelson は、Junior Achievement of New Jersey の取締役です。Six Sigma Green Belt を取得し、心理学の学士号を取得しています。

Michael Nettles

上席副大統領兼 Edmund W. Gordon Chair 政策評価・リサーチ担当議長

Michael Nettles

上席副大統領兼 Edmund W. Gordon Chair 政策評価・リサーチ担当議長として、Michael Nettles は教育評価の政策研究者、​生徒の成績と成績そして教育の公平性に関する研究者として全国的な評価を得ています。

​2014 年、Barack Obama大統領は Nettles をアフリカ系アメリカ人のための優れた教育に関する大統領諮問委員会に任命しました。彼は2つの米国政府の職に任命されました。National Assessment Governing Board (NAGB) のための政策監督と、National Assessment of Educational Progress (NAEP) への教育分野長官としての役職です。

彼はまた、Southern Education Foundation (SEF) 理事会、Peddie School 理事会、National Association for Equal Opportunity in Higher Education (NAFEO) およびUrban League of Middle Tennesseeの理事会も務めています。

​Nettles は University of Tennessee で政治学の学士号、政治学と高等教育の修士号、Iowa State University で教育学の博士号を取得しています。

Steve Santana

CIO(最高情報責任者)

Steve Santana

Steve Santana は、ETS で CIO(最高情報責任者)を務めています。彼は、この役割において、自身の幅広い IT と製品開発の経験を活かし、ETS の魅力を高め、最終的に学習者の体験を向上するようなデジタル製品の開発を推進します。アクセス拡張に応えるデジタルフォーマットによる教育評価が広がるにつれ、Santana の利用体験やクラウドネイティブ開発におけるリーダーシップにより、ETS は教育産業変革にあたって技術イノベーションの先端を先駆けています。

Santana は、2021年に ETS に加わる前、Pearson でシニアバイスプレジデント兼 CTO(最高技術責任者)、そして、Ciena®、Nortel、Apple®でさまざまな役割を歴任しました。

Santana は、San Jose State Universityで音楽テクノロジーの文学史号を取得しています。