本人確認のための身分証明書 (ID)

TOEFL® テストに登録する際、身分証明書 (ID) 情報が求められます。さらに、テスト当日テスト会場に持参する有効な ID 書類に記載の姓名と同じつづり (スペースやアクセント記号、アポストロフィ以外) を記入しなければなりません。

姓または名が複数の単語で構成されている場合、テストセンターに持参する身分証明書の記載と同じように入力してください。その際、アクセント記号、アポストロフィを削除してください。たとえば、名が「Jean Louis」という名前の場合、その名はファーストネームのボックスに「Jean Louis」の両方を入力します。身分証明書と同じ順序で姓名を入力してください。

名または姓がない場合には、名前を姓の欄に入力して、その他の欄を空欄にしてください。姓の欄の入力は必須ですが、名の欄の入力は必須ではないため、そのように入力してください。

ミドルネームの欄はオプションですが、ID にミドルネームが記載されている場合は、名前と完全に一致するように入力してください。

受験者はテストセンターでの受験の度に、認められている本人確認書類 (有効期限内のもの) を持参する必要があります。このような ID が試験当日に有効で提示できるようにすることは、受験者本人の責任です。

有効な ID を持参しない場合、または ID の姓名と登録の姓名が完全に一致しない場合、受験が認められず、受験料も返金されません。

ID の不一致についてご不明な点がある場合は、申込前に TSReturns@ets.org にお問い合わせください。

受験者の国籍と受験する地域によって、ID の要件は異なります。下記の ID の一般要件をご覧の上、受験する国/地域を選択して詳細な ID 要件を確認してください。

ID の一般要件

一部の例外を除き、ID は次の要件をすべて満たしている必要があります。各 ID について

  • オリジナルの書類であること - コピーは認められず、携帯電話やその他の電子機器による提示もできません
  • 市民または居住者である国が発行および認定した、政府発行の国家/州/地方の身分証明書でなければなりません
  • 有効期間内であること - 失効した (記載されている有効期限を過ぎた) ものは認められません。
  • アクセント記号や区別的発音符を除いて、登録時に使用した ID と一致する姓名が記載されている必要があります。
  • 最近撮影したもので本人であること確認できる写真が必要です。
  • 本人の署名(ID の姓名と署名の 姓名が一致していること) が必要です。

15歳以下の受験者

受験時に15歳以下である方は、18歳以上の保護者または大人の同伴が必要です(テストセンターで許可書のご記入と署名が必要です)。同伴者は、テストセッション中、テストセンターに滞在いただく必要がございます。そうでない場合、スコアが無効になり、試験料は返還されません。

受験者と保護者(またはご同伴者)は有効なIDのご提示が必要です。ご提示いただけない場合は試験が受けられません。規定のIDがない場合、試験お申込み前にOffice of Testing Integrity(TSReturns@ets.org)にご連絡ください。

受験する国/地域別の ID 要件

受験予定の国/地域を選択して、詳細な ID 要件についてご覧ください。

すべての ID 書類には、氏名および写真、署名が掲載されている必要があります。

有効な ID の例

国籍がある国での受験

国籍のある国でのテストセンターに入場する場合、以下の ID が認められます。

    • 中華人民共和国 (中国大陸) 国籍の受験者は、氏名、写真、署名が掲載されている有効な第二世代居民身分証を提示してください*。
    • 台湾在住者は、中国 (本土) への旅行証を提示する必要があります。
    • 香港およびマカオの在住者は、中国 (本土) への旅行証を提示する必要があります。

*政府発行のIDに署名がない場合は、写真が含まれる追加 ID を提示する必要があります。*軍人IDに署名がない場合は、署名が含まれる追加 ID を提示する必要があります。

国籍がある国以外での受験

国籍のある国以外で受験する場合:

  • その他の国および地域の市民は、有効なパスポートを提示しなければなりません。
  • パスポートが英語で書かれていない場合は、さらに、追加 ID 文書に記載されている書類のうち少なくとも1つを追加IDとして提示する必要があります。その文書は、氏名ならびに本人であることが確認できる最近の写真が掲載された英語の文書でなければなりません。

すべての ID 書類には、氏名および写真、署名が掲載されている必要があります。

有効な ID の例

国籍がある国での受験

国籍のある国でのテストセンターに入場する場合、以下の ID が認められます。

    • 氏名、写真、署名が掲載されたパスポート
    • 氏名、写真、署名が掲載された政府発行の ID*
    • 氏名、写真、署名が掲載された政府発行の運転免許証
    • 氏名、写真、署名が掲載された軍人 ID*

*政府発行のIDに署名がない場合は、写真が含まれる追加 ID を提示する必要があります。*軍人IDに署名がない場合は、署名が含まれる追加 ID を提示する必要があります。

国籍がある国以外での受験

国籍のある国以外で受験する場合:

  • 中華人民共和国 (大陸中国) 国籍の受験者は、氏名と写真と署名が掲載されている有効な香港・マカオ通行証を提示しなければなりません。上記通行証に署名が掲載されていない場合は、さらに、少なくとも1つの追加 ID 文書を提示する必要があります。その文書は、氏名ならびに本人であることが確認できる最近の写真が掲載された英語の文書でなければなりません。
  • その他の国および地域の市民は、有効なパスポートを提示しなければなりません。
  • パスポートが英語で書かれていない場合は、少なくとも 1 種類の追加 ID文書を提示する必要があります。その文書は、氏名ならびに本人であることが確認できる最近の写真が掲載された英語の文書でなければなりません。

有効な ID の例

氏名および写真、署名の掲載された有効なパスポートを ID として提示する必要があります。例外は一切認められません。

すべての ID 書類には、氏名および写真、署名が掲載されている必要があります。

有効な ID の例

国籍がある国での受験

国籍のある国でのテストセンターに入場する場合、以下の ID が認められます。

    • 氏名、写真、署名が掲載されたパスポート
    • 氏名、写真、署名が掲載された政府発行の SMART IDカード (SNIC)*

*政府発行のIDに署名がない場合は、写真が含まれる追加 ID を提示する必要があります。*軍人IDに署名がない場合は、署名が含まれる追加 ID を提示する必要があります。

国籍がある国以外での受験

国籍のある国以外で受験する場合:

  • 氏名および写真、署名の掲載された有効なパスポートを ID として提示する必要があります。
  • パスポートが英語で書かれていない場合は、少なくとも 1 種類の追加 ID文書を提示する必要があります。その文書は、氏名ならびに本人であることが確認できる最近の写真が掲載された英語の文書でなければなりません。
  • パスポートの代用として、外交官または大使館の ID を使用することはできません。

有効な ID の例

国籍がある国での受験

国籍のある国でのテストセンターに入場する場合、以下の ID が認められます。

  • 氏名、写真、署名が掲載されたパスポート
  • 氏名、写真、署名が掲載された政府発行の ID
  • 氏名、写真、署名が掲載された運転免許証
  • 氏名、写真、署名が掲載された軍人 ID

国籍がある国以外での受験

国籍のある国以外で受験する場合:

  • 氏名および写真、署名の掲載された有効なパスポートを ID として提示する必要があります。
  • サウジアラビアで勤務しているが国民ではない受験者の場合、雇用者がスポンサーのイカーマ滞在許可証 (Iqama Residence ID)、ならびに氏名、写真、署名が記載された追加 ID を併せて利用できます。
  • 居住地以外の欧州連合またはシェンゲン協定加盟国、湾岸アラブ諸国で受験する場合、有効な国民/欧州 ID カードを使用できます。このカードには、氏名、本人であることが確認できる最近の写真、生年月日、署名が掲載されている必要があります。この ID にこれらの事項が掲載されていない場合は、追加 ID の提示が求められます。
  • パスポートの代用として、外交官または大使館の ID を使用することはできません。
  • パスポートの記載が英語でない場合、氏名、ならびに本人であることが確認できる最近の写真が掲載された英語の追加 ID を提示しなければなりません。

有効な ID の例

国籍がある国での受験

国籍のある国でのテストセンターに入場する場合、以下の ID が認められます。

    • 氏名、写真、署名が掲載されたパスポート
    • 氏名、写真、署名が掲載された政府発行の ID*
    • 氏名、写真、署名が掲載された運転免許証
    • 氏名、写真、署名が掲載された軍人 ID*

*政府発行のIDに署名がない場合は、写真が含まれる追加 ID を提示する必要があります。*軍人IDに署名がない場合は、署名が含まれる追加 ID を提示する必要があります。

国籍がある国以外での受験

国籍のある国以外で受験する場合:

  • 氏名および写真、署名の掲載された有効なパスポートを ID として提示する必要があります。
  • 居住地以外の欧州連合またはシェンゲン協定加盟国、湾岸アラブ諸国で受験する場合、有効な国民/欧州 ID カードを使用できます。このカードには、氏名、本人であることが確認できる最近の写真、生年月日、署名が掲載されている必要があります。この ID にこれらの事項が掲載されていない場合は、追加 ID の提示が求められます。
  • パスポートの代用として、外交官または大使館の ID を使用することはできません。
  • パスポートの記載が英語でない場合、氏名、ならびに本人であることが確認できる最近の写真が掲載された英語の追加 ID を提示しなければなりません。

有効な ID の例

国籍がある国での受験

国籍のある国でのテストセンターに入場する場合、以下の ID が認められます。

    • 氏名、写真、署名が掲載されたパスポート
    • 氏名、写真、署名が掲載された政府発行の ID*
    • 氏名、写真、署名が掲載された運転免許証
    • 氏名、写真、署名が掲載された軍人 ID*

*政府発行のIDに署名がない場合は、写真が含まれる追加 ID を提示する必要があります。*軍人IDに署名がない場合は、署名が含まれる追加 ID を提示する必要があります。

国籍がある国以外での受験

国籍のある国以外で受験する場合:

  • 氏名および写真、署名の掲載された有効なパスポートを ID として提示する必要があります。
  • 居住地以外の欧州連合またはシェンゲン協定加盟国、湾岸アラブ諸国で受験する場合、有効な国民/欧州 ID カードを使用できます。このカードには、氏名、本人であることが確認できる最近の写真、生年月日、署名が掲載されている必要があります。この ID にこれらの事項が掲載されていない場合は、追加 ID の提示が求められます。
  • パスポートの代用として、外交官または大使館の ID を使用することはできません。
  • パスポートの記載が英語でない場合、氏名、ならびに本人であることが確認できる最近の写真が掲載された英語の追加 ID を提示しなければなりません。

すべての ID 書類には、氏名および写真、署名が掲載されている必要があります。

有効な ID の例

国籍がある国での受験

国籍のある国でのテストセンターに入場する場合、以下の ID が認められます。

  • 氏名、写真、署名が掲載されたパスポート
  • 氏名、写真、署名が掲載された政府発行の ID*
  • 氏名、写真、署名が掲載された政府発行の運転免許証
  • 運輸局発行の証明書を含め、氏名、写真、署名が掲載された州または地方 ID カード
  • 氏名、写真、署名が掲載された軍人 ID*

*政府発行のIDに署名がない場合は、写真が含まれる追加 ID を提示する必要があります。*軍人IDに署名がない場合は、署名が含まれる追加 ID を提示する必要があります。

国籍がある国以外での受験

国籍のある国以外で受験する場合:

  • 氏名および写真、署名の掲載された有効なパスポートを ID として提示する必要があります。
  • パスポートが英語で書かれていない場合は、少なくとも 1 種類の追加 ID文書を提示する必要があります。その文書は、氏名ならびに本人であることが確認できる最近の写真が掲載された英語の文書でなければなりません。
  • パスポートの代用として、外交官または大使館の ID を使用することはできません。

追加 ID と共に提示する場合に認められる書類

テスト会場への入室時に追加 ID と共に提示される場合、下記の証明書が認められます。

  • 永住者カード/外国人居住者カード (Form I-551 または I-151)
  • 暫定居住者カード (Form I-688)
  • 就労許可カード (Form I-688A、I-688B、I-766 のいずれか)
  • メキシコ国境カードはメキシコ国境から 25 マイル以内のテスト会場でのみ認められます。

すべての ID 書類には、氏名および写真、署名が掲載されている必要があります。

有効な ID の例

国籍がある国での受験

国籍のある国でのテストセンターに入場する場合、以下の ID が認められます。

  • 氏名、写真、署名が掲載されたパスポート
  • 氏名、写真、署名が掲載された政府発行の ID*
  • 氏名、写真、署名が掲載された政府発行の運転免許証
  • 運輸局発行の証明書を含め、氏名、写真、署名が掲載された州または地方 ID カード
  • 氏名、写真、署名が掲載された軍人 ID*

*政府発行のIDに署名がない場合は、写真が含まれる追加 ID を提示する必要があります。*軍人IDに署名がない場合は、署名が含まれる追加 ID を提示する必要があります。

国籍がある国以外での受験

国籍のある国以外で受験する場合:

  • 氏名および写真、署名の掲載された有効なパスポートを ID として提示する必要があります。
  • パスポートが英語で書かれていない場合は、少なくとも 1 種類の追加 ID文書を提示する必要があります。その文書は、氏名ならびに本人であることが確認できる最近の写真が掲載された英語の文書でなければなりません。
  • パスポートの代用として、外交官または大使館の ID を使用することはできません。

すべての ID 書類には、氏名および写真、署名が掲載されている必要があります。

有効な ID の例

国籍がある国での受験

国籍のある国でのテストセンターに入場する場合、以下の ID が認められます。

  • 氏名、写真、署名が掲載されたパスポート
  • 氏名、写真、署名が掲載された政府発行の ID*
  • 氏名、写真、署名が掲載された運転免許証
  • 氏名、写真、署名が掲載された軍人 ID*

*政府発行のIDに署名がない場合は、写真が含まれる追加 ID を提示する必要があります。*軍人IDに署名がない場合は、署名が含まれる追加 ID を提示する必要があります。

国籍がある国以外での受験

国籍のある国以外で受験する場合:

  • 氏名および写真、署名の掲載された有効なパスポートを ID として提示する必要があります。
  • 居住地以外の欧州連合やシェンゲン協定の加盟国、湾岸アラブ諸国、またはメルコスール(南米南部)諸国で受験する場合、有効な国民/欧州 ID カードを使用できます。このカードには、氏名、本人であることが確認できる最近の写真、生年月日、署名が掲載されている必要があります。この ID にこれらの事項が掲載されていない場合は、追加 ID の提示が求められます。
  • パスポートの代用として、外交官または大使館の ID を使用することはできません。
  • パスポートの記載が英語でない場合、氏名、ならびに本人であることが確認できる最近の写真が掲載された英語の追加 ID を提示しなければなりません。

有効な ID の例

国籍がある国での受験

国籍のある国でのテストセンターに入場する場合、以下の ID が認められます。

  • 氏名、写真、署名が掲載されたパスポート
  • 追加 ID と併せて、氏名、写真、署名が掲載されたフィリピン政府発効の社会保障 (Social Security System) ID カード。
  • 氏名、写真、署名が掲載された政府発行の ID
  • 氏名、写真、署名が掲載された現在有効の運転免許証
  • 運転免許証の更新証明書 — フィリピン人向け暫定ポリシー
    運転免許証が失効しており更新証明書の受領書が発行されている場合、失効している運転免許証の氏名と更新証明書の氏名が同一である限り、更新証明書と受領書の両方を提出すれば有効なIDとして認められます
  • 氏名、写真、署名が掲載された軍人 ID

国籍がある国以外での受験

国籍のある国以外で受験する場合:

  • 氏名および写真、署名の掲載された有効なパスポートを ID として提示する必要があります。
  • パスポートの代用として、外交官または大使館の ID を使用することはできません。
  • パスポートの記載が英語でない場合、氏名、ならびに本人であることが確認できる最近の写真が掲載された英語の追加 ID を提示しなければなりません。

認められない ID の例

以下の書類は、どのような状況でも、メインの ID または追加 ID として認められることはありません

  • 書類のコピーまたは失効した書類
  • 携帯電話またはその他の電子機器で表示する書類
  • 政府機関が認可しない書類
  • 申込時に使用した氏名と完全に一致していない書類
  • 国際運転免許証
  • 兵役区分カード
  • 国際学生証
  • クレジット/デビット カード
  • 公正証書
  • 出生証明書
  • 社会保障カード
  • 社員証
  • 暫定 ID カード
  • 外交官または領事館、大使館の ID カード

注意: 英語以外の言語の ID でテスト会場の責任者が読めない場合は、受験を認められず、受験料も返金されません。

ID が要件を満たさない場合

政治亡命または難民の認定を受けている方や本人確認の要件を満たせない方は、登録の 7 日前まで必ず ETS Office of Testing Integrity (OTI) に連絡してください。登録に OTI の承認を受ける必要があります。OTI からの要請に応じて審査に必要な書類を提出できるよう、関連書類を用意しておいてください。OTI に連絡しなかったために受験が許可されなかったり、スコアの通知が見合わせられた場合、受験料は返金されません。

ETS Office of Testing Integrity (OTI)

電話:
1-609-406-5430
(月曜日~金曜日、東部標準時 午前 7 時 30 分~午後 5 時 30 分、米祝日を除く)
ファクス:
1-609-406-9709
電子メール:
TSReturns@ets.org

ID に関する質問

許容されるID に関して質問がある場合は、以下 TOEFL®Services までお電話ください。

  • 1-877-863-3546 (米国、米国領、カナダ)
  • 1-609-771-7100 (上記以外のすべて)

参照:

TOEFL Test Taker

Promotional Links

TOEFL iBT® テストの準備

今すぐ申込む

Official TOEFL iBT® Tests, Volume 2

4 つのスキルを網羅した実際の過去問題にインタラクティブ DVD ROM が付いた完全版の TOEFL iBT 模試が 5 回分含まれています。今すぐ購入する >

TOEFL® オンラインの練習問題

唯一の公式模擬テストで、実際の TOEFL iBT® テストを体験できます。今すぐ注文する >

Official Guide to the TOEFL® Test, Fourth Edition

ETS が作成した唯一の正式な TOEFL® テスト対策ガイドを活用して演習を行いましょう。電子書籍としてもご利用いただけます。今すぐ購入する >