諸注意

TOEFL ®テストのスコアを利用する人々や団体が極めて多いため、テストを公正かつ安全に実施することを目的に、テストセンターで従うべき規則が定められています。

テスト当日における、おおまかな流れをまとめた TOEFL iBT® Testing Siteビデオをご覧ください:

  • テストセンターに到着する
  • チェックインの手続きをする
  • 受験する
  • スコアを提出またはキャンセルする
  • サインアウトの手続きをする

ビデオを見る (英語)

おおまかな流れがわかれば、テスト当日に落ち着いてテストに臨むことができます。一般的な流れは次のとおりです。

テスト前

  • 指定された開始時間の 30 分以上前にテストセンターに到着するようにします。遅刻すると、受験できないことがあります。
  • ETS は、テスト内容の機密保護のため電子スキャン探知デバイス (携帯型金属探知機/棒) を使用する権利を留保します。違反が明らかになった場合はテスト会場から退出を求められ、受験費用は返金されません。
  • 写真撮影を行い、その写真が指定の席に表示されます。写真はスコアレポートにも掲載されます。
  • 必須の秘密保持契約に署名するよう指示されます。
  • 目視による検査を行う際、メガネをお外し頂く事もあります。この検査は、チェックイン時や休憩から戻られる際に行われ、数秒で終了します。
  • 重ね着をすると、部屋の様々な温度に対応しやすくなります。テスト中に衣類(セーターなど)を脱ぐ必要があれば、チェックイン時にテストセンターから示された収納場所にそれを置くように指示されます。収納場所がない場合、椅子の背もたれにかけておいてもかまいません。収納場所に行くために受験室から離れる場合は、規定外の休憩時間とみなされ、受験室への出入りの際に署名しIDを見せるように求められます。注意: テストの時間はその間経過します。
  • 個人の持ち物で試験会場に持ち込めるのは身分証明書 のみ です。試験中および休憩中は、電話、時計、その他の録音、再生、スキャン、写真撮影用の電子機器の使用は認められません。所持品の保管場所がない一部のテストセンターでは、ビニール袋が支給されます。ビニール袋は椅子の下に置いてください。
  • 電子機器の使用、Eメールや写真、テキストメッセージなどによるテスト内容の送信が発見された場合、その機器は検査され、また、没収される場合があります。休憩中は、食べ物、飲み物、薬以外の私物のご利用は認められません。
  • 衣類およびその他の私物は試験監督者による検査対象となります。受験会場では、特定の衣類またはヘアアクセサリが禁止される場合があります。調査または禁止されるアイテムには以下のようなものがあります:
    • ネクタイ
    • ボウタイ
    • 帽子
    • スカーフ
    • ジャケットやその他の上着
    • クリップ
    • カフスボタン
    • くし
    • バレッタ
    • ヘアバンド
    • ジュエリー(結婚指輪を除く)
  • テストセンターおよび ETS は、センター内に持込まれた個人の持ち物について一切の責任を負いません。
  • 座席はテスト監督者が指定します。
  • テストセンターで日程を変更することはできません。
  • 安全上の理由により、受験施設がビデオ撮影される場合があります。
  • 本人確認の際に、指紋のスキャン、署名比較、音声生体認証、その他の形式の電子認証が併用されることもあります。
  • 試験監督スタッフの指示に従わなかった場合、試験を受ける事はできず、その場合の試験料の払い戻しはございません。試験中または休憩中に上記またはその他の違反があれば、テストセンターから退室となり、試験スコアは破棄されます。

テスト中

  • 何らかの理由により補佐が必要なときは、その場で挙手してください。
  • テスト中も休憩中も電話、時計、その他の機器の使用は認められません。
  • 健康上の理由から室内に機器や飲み物、軽食などを持ち込む必要がある場合、または規定以上の休憩が必要な場合は、テストに登録する前に申請が必要です。申し込みの手続きは、Bulletin Supplement for Test Takers with Disabilities or Health-related Needs (英語)に記載されています。
  • 受験者が、テスト中または休憩中に許可なく退室したり、テストセンターを離れることはできません。
  • テストでは、QWERTY 配列の標準英語キーボードを使用します。テストを受ける前にこの配列のキーボードで練習し、配置や機能キーに慣れておくことをお勧めします。一部の国では、使用されている共通のキーボードがQWERTY 配列で構成されているため、異なる位置にあるキーを見つけられるように各受験者にテンプレートを配布しています。
  • 配布されたメモ用紙はすべて、テストの終了時に必ず返却してください。メモ用紙の追加をスタッフに頼む場合は、手元の用紙がすべてなくなってからにしてください。メモ用紙を破ったり、切り取ったりしないでください。

テスト後

  • スコアはテスト日から約 10 日後にオンライン表示されます。
  • スコアをオンライン表示 (英語) する場合は、TOEFL iBT の自分のアカウントにログインし、ホームページの[View Scores (スコアを見る)]を選択します。
  • 受験日からおよそ 13 日経過すると、各自の TOEFL iBT アカウントからスコアレポートの PDF 版をダウンロードして印刷することもできます。
  • また、スコアはテスト日から約 13 日後に、受験者本人 (印刷版を請求した場合) およびご指定の機関に発送されます。
  • テストを受け直せば、スコアを上げることができます。受験回数に制限はなく何度でも受けられますが、次回の受験日まで 12 日間あける必要があります。すでに受験を申し込んでいる場合は、その受験日から 12 日以内の日程で再受験を申し込むことはできません。この方針は、違反がすぐに発覚しない場合でも適用されます。テストのスコアが通知された後で違反が発覚した場合、スコアはキャンセルされ、スコアの受領者全員に、スコア取消通知書の送付をもってスコアのキャンセルが連絡されます。受験料は払い戻しされません。

不審な行為の報告 – テスト不正行為ホットライン

テストの安全性を妨げたり、混乱を起こしたりするような行為に気づいたら ETS までご連絡ください。報告された不正行為については、厳重かつ念入りな調査が実施されます。情報はすべて極秘に扱われます。

電話:
1-800-353-8570 (米国、米国領、カナダ)
1-609-406-5430 (上記以外のすべて)
ファクス:
1-609-406-9709
電子メール:
reportcheating@toefl.org

参照:

TOEFL Test Taker

Promotional Links

TOEFL iBT® テストの準備

今すぐ申込む

Official TOEFL iBT® Tests, Volume 2

4 つのスキルを網羅した実際の過去問題にインタラクティブ DVD ROM が付いた完全版の TOEFL iBT 模試が 5 回分含まれています。今すぐ購入する >

TOEFL® Practice Online

唯一の公式模擬テストで、実際の TOEFL iBT® テストを体験できます。今すぐ注文する >

Official Guide to the TOEFL® Test, Fourth Edition

ETS が作成した唯一の正式な TOEFL® テスト対策ガイドを活用して演習を行いましょう。電子書籍としてもご利用いただけます。今すぐ購入する >