angle-up angle-right angle-down angle-left close user menu open menu closed search globe bars phone store

改訂版TOEFL® ペーパー版テストのスコアポリシー

スコアの守秘義務

TOEFL®プログラムでは、Educational Testing Service (ETS) が保有するデータまたは調査のファイルに保管されている情報における受験者のプライバシーの権利を尊重し、また当該ファイルの情報が不正に開示されることがないよう責任をもって保護します。ETS または正式な権限を与えられたその代理人が、検証の目的でスコア データを機関または団体と共有することがあります。

TOEFL のスコア データまたはライティングの解答が、情報、研究、統計、研修などの目的で随時使用されることがありますが、個人が特定されることはありません。ETS が保持する情報は、スコアレポートおよび公式スコアレポートに記載される情報と同一です。公式スコアレポートは、受験者がテスト実施日のテストセンターで、テスト登録時に指定した団体、機関、または後日Additional Score Report Request Form (追加のスコアレポート申込フォーム)を通じてレポートを申し込んだときに指定した団体、組織、またはその他受験者が別途指定した団体、組織のみに送付されます。

スコアを受け取った団体が、受験者の明確な許可なくスコアを開示することはありません。

テストの設問に関する問い合わせ

TOEFL テストの設問は言語のスペシャリストが作成します。これらのスペシャリストは、すべてのテスト内容を一貫して質の高いものにするために開発された入念な標準手順に従います。設問はそれぞれ ETS の数人の職員が確認します。

言語学、語学検定、語学教育の分野の専門家で構成される第三者機関で、TOEFL 理事会への報告義務のある TOEFL Committee of Examiners が、テストの内容および細かな規定の全般的なガイドラインを定めています。テストの設問は検討し必要に応じて修正された後、実験的な状況で選択的に実施され、テストの体裁が整えられます。

その後、ETS および TOEFL プログラムの決められた手順に従って、テストのどの版にも文化的な偏りが一切ないことが確認されます。設問ごとに統計的に分析して、すべての項目が適切な測定情報を示すことを確認します。

ETS では、テストの設問の作成や最終版の準備の全段階で徹底した品質管理を行っていますが、時として設問に誤植や不備が生じることがあります。何らかの理由により問題の可能性を疑い、テスト項目について質問したいと思ったときは、テストセンターを離れる前にテスト監督者にその旨を申し出てください。

また、以下の住所宛に書面にて通知することも可能です。 MS 42N-208, TOEFL Test Question Inquiries, Educational Testing Service, Rosedale Road, Princeton, NJ 08541-0001, USA。または、テスト後早急にファクス1-609-683-2600 に送信します。連絡の際は、テスト名、テストのセクション、受験日、テストセンター名、疑問のあるテスト項目の番号 (可能な場合) もお知らせください。

受験した施設やテストセンターのスタッフに対して苦情がある場合は、テスト後なるべく早い時点でEメールをtas@ets.orgまでお送りいただくか、書面で通知してください (Test Center Complaints, ETS, MS 34Q, 225 Phillips Avenue, Ewing, NJ 08618, USA)。受験したテストの日付、テストセンター名、国と都市を明記してください。

スコアの取り消しに関する ETS の方針

ETS および TOEFL プログラムは、すべての受験者の各課題におけるパフォーマンスを正確に反映するスコアレポートの作成に努めています。その一環として定められた ETS スタンダードの主な目的は、すべての受験者が存分に能力を発揮できるよう平等な機会を与えること、そしてある受験者が他の受験者よりも有利に扱われないよう配慮することの 2 つです。このスタンダードは、ETS および、ETS が提供するテストスコアの正当性に影響を受ける皆様にとって非常に重要なものです。このため ETS は、スコアが無効であるという実質的証拠が存在すると判断した場合、テストスコアを取り消す権利を留保します。つまり、テストの完全性を損なう問題行動や異常事態が認められた場合、スコアは取り消されることがあります。

受験者の問題行動

ETS は、違反行為を働いた受験者に対し、テストセンターからの退室命令またはテストスコアの取り消し、今後の ETS テスト受験禁止の措置をとる権利を留保します (違反行為には以下が含まれますが、これらに限定されません)。

  • テストの全部または一部を、誰かの代わりに受験しようとしたり、自分の代わりに他人に受験させた場合、またはそれを試みた場合。
  • 有効な身分証明書を提示できない、またはIDを認証できない場合。
  • 不正な方法でテスト内容やテストに関する情報を入手した場合。
  • 携帯電話や、その他の電子機器をテストセンターで使用した場合。
  • シャープペンシル、ペン、計算機、計算機付き腕時計、アナログ/デジタル/スマート腕時計、アラーム付き腕時計、本、パンフレット、ノート、メモ用紙、定規、蛍光ペン、ヘッドフォン付きステレオまたはラジオ、携帯電話、ストップウォッチ、辞書、翻訳装置、あらゆる記録機器またはカメラなど、認められていない補助物を受験時に使用した場合。
  • 他の受験者にヒントを与えた、または他の受験者からヒントをもらった場合。テスト中のやり取りは、その形式にかかわらず一切禁じられています。また、テスト中または休憩中、テスト後にテスト内容や解答について話し合ったり教え合うことも禁止されています。
  • 所要時間や回答の傾向に不審な点がある、またはテストのさまざまな部分に関してパフォーマンスが一貫していない、他のテストと矛盾するパフォーマンスがあるなどの理由により、回答の無効性が明白である場合。
  • Writingセクションでの回答が他の TOEFL テスト受験者の回答と著しく類似する要素を含んでいることが明白である場合、または公開・非公開を問わず何らかの資料に記載された言葉や概念を出典の明示なしに引用している、もしくは言い換えて使用していることが明白である場合。
  • 全部、一部を問わず、テスト内容やテストに関連するメモなどをテストセンターから持ち出したり持ち出そうとした場合、またはハードコピー、口頭、電子的など手段を問わず複製する、第三者に開示した場合。
  • 許可されていないときや、テスト終了の合図のあとの時点で、テストもしくはテストセクションの参照、見直し、または回答を行った場合。
  • テスト中または休憩中に無許可で退室したり、テストセンターから離れる
  • テスト中に、規定の休憩時間を超過した場合。休憩についてはテストセンターのスタッフが厳重な監視を行い、所定の回数または時間を超えて休憩を取った受験者がいれば通報する義務を負っています。
  • Bulletin (受験要綱) (英語) やテストに記載の規定、またはテストセンターのスタッフが説明する注意事項に従わない場合。
  • テストセンターで、混乱を招いた場合または迷惑行為を働いた場合。
  • テストセンター内への武器や火器の持込み
  • 受験する室内に食べ物や飲み物(障害または健康上の理由による特別対応が認められている場合を除く)、タバコを持ち込んだ場合。
  • 受験する室内にその他の禁止された物品を持ち込んだ場合。
  • 受験者がWritingセクションの設問に対して暴言やその他の不適切な言葉等で返答をした場合、当該受験者のスコアはゼロとなります。ETS は、不適切な言葉等による返答とは何が該当するかについて決定する権利を執行します。

上記のいずれかの理由でテストセンターからの退室命令、またはテストスコアの取り消し措置を受けた場合、受験料は払い戻しされず、無料で再度受験することもできません。また、場合によっては、今後 ETS テストの受験を禁止されることもあります。

注意: エッセイやスピーキングの設問に脅迫的または不快な応答をしたり、書面または口頭での ETS とのコミュニケーションにおいて脅迫的または不快な行為を働いた受験者に対し、ETS は適切な措置をとり、適格な機関 (法執行機関を含みますが、これに限定されません) に通報する権利を留保します。

テストの完全性を損なう異常事態

ETS は、異常事態が発生した場合、受験者のスコアを取り消すことがあります (異常事態には以下が含まれますが、これらに限定されません)。

  • テストの実施上の不備 (不適切な時間測定、不適切な座席指定、テスト用紙の不備、機器の不備など)、およびその他の阻害要因 (自然災害や悪天候その他の緊急事態)これらは状況によっては特定の受験者や受験団体、または複数の受験団体に影響を及ぼす場合があります。
  • テストセンターの状況から、不正または不適切、不法な行為によってテストが正常に実施されなかったという判断が妥当である場合ETS は独自の裁量に基づいて状況を判断し、不正行為に関する証拠がない場合でも、特定のテストセンターでの受験者のスコアを取り消すことがあります。

天候その他のやむを得ない状況により、開始時間の遅延や受験日の変更、テスト後のスコアのキャンセルを行う場合があります。

受験前に ETS によって受験日が変更された場合は、受験者は別の受験日を選択することができます。この場合、受験日の変更手数料はかかりません。

実際テスト会場に行ってから ETS によりテストがキャンセルされたことを監督者から知らされた場合は、無料で受験日の変更を行うか、受験料の全額払い戻しを受けることができます。

受験後、ETS によりスコアがキャンセルされた場合、ETS の独自の裁量により、受験者に無料再受験あるいは払い戻しを受ける資格があるかどうかが判断されます。

ETSがテスト実施をキャンセル、もしくは受験後のスコアをキャンセルした場合で受験者がテストセンターまでの交通費を負担した場合、受験者は当初の受験日から 30 日以内に、受験者本人分に限り適正かつ文書で実証された交通費の払い戻しを請求することができます。払い戻しは米ドルで行われます。

適切な領収書と次の情報を用意したうえで、TOEFL Services (英語) までご連絡ください。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 郵送先住所
  • 日中の連絡先番号
  • 電子メール アドレス
  • 当初の受験日
  • TOEFL 受験番号
  • テストセンターでどのようなことが生じたのかの簡単な説明

受験日の変更や払い戻し規約について質問がある場合は、TOEFL Services (英語) までご連絡ください。

スコアの無効化/取り消し

受験者がスコアの正当性に影響を及ぼす何らかの行為に従事したことを示す十分な情報があると判断した場合、ETS は受験者に対し、スコアの取り消しや今後の ETS テストの受験禁止の措置をとることがあります。

米国以外の受験者の場合、ETS はスコア取り消しの理由をスコア送付先に通知したり、団体受験ではスコア取り消しの理由を一般に開示することがあります。注意: この方針は、米国以外の受験者のみ適用されます。

テスト実施に関する規定またはテストセンターのスタッフの指示に従わない受験者に対し、ETS はテスト会場からの退室命令、スコアの取り消しおよび今後の受験禁止を含む (ただしこれらに限定されない) あらゆる措置をとる権利を留保します。テストセンターからの退室命令やスコアの取り消し措置を受けた場合、スコアレポートは作成されず、受験料の払い戻しもありません。

免責事項

スコアレポートの作成拒否またはスコアの取り消し、今後の受験禁止措置に対する受験者からの損害およびその他のいかなる申し立てに対しても、ETS は法的責任を負いません。

テスト会場あるいはテスト実施に関連する状況で上記の方針に違反する行為にお気付きの場合は、スコア無効の対象となるか否かを問わず、速やかに ETS までご連絡ください。通報者を特定する情報は極秘に扱われます。

電話: 
1-609-406-5430
ファクス:
1-609-406-0709
電子メール:
reportcheating@toefl.org
TOEFL Test Taker

Promotional Links

改訂版 TOEFL® ペーパー版テストを受ける準備はできましたか?

今すぐ申込む

各地の ペーパー版テストのスケジュールを調べる。 (英語)