angle-up angle-right angle-down angle-left close user menu open menu closed search globe bars phone store

スコアの取り消しに関する ETS の方針

ETSおよびTOEFL®プログラムは、すべての受験者の各課題におけるパフォーマンスを正確に反映するスコアレポートの作成に努めています。これに関するETSの標準では、2つの主要な目標があります:

  • すべての受験者に対し能力を証明する機会を平等に与える
  • 受験者が他の受験者より不当な優位性を持つことを防ぐ

このスタンダードは、ETS および、ETS が提供するテストスコアの正当性に影響を受ける皆様にとって非常に重要なものです。このため ETS は、スコアが無効であるという実質的証拠が存在すると判断した場合、テストスコアを取り消す権利を留保します。テストの完全性を損なう受験者の行動や異常事態が認められた場合、スコアは取り消されることがあります。

受験者の問題行動

不正行為や非倫理的な受験行為はいかなる場合も認められません。テスト全体が登録者だけによって行われたのではないように思われる場合、またはテストの問題または回答に関して事前知識があった場合、ETSは、受験者の受験予約を事前にキャンセルする、または受験者のスコアを保留またはキャンセルする、または受験者の将来の受験を禁止する権利を有します。

スコアが保留されると、調査が完了しスコア保留が解除されるまで、スコアが機関に送付されることはありません。

ETSの調査により受験者のスコアがキャンセルされる場合、または受験当日に非倫理的な行為が確認された場合、当該の情報が機関または団体の意思決定プロセスで考慮されるようにするために、ETSはその懸念を受験者が選択したスコア送付先(学校、機関等)と共有する場合もあります。

ETS は、不正行為を行った受験者に対し、テストセンターからの退室命令またはテストスコアの取り消し、今後のETSテスト受験禁止の措置を講じる権利を有します。不正行為には、「Improper Behavior Leading to Dismissal from Test Center」に掲げられた項目が含まれますが、これらに限定されません。

テストの完全性を損なう異常事態

ETS は、異常事態が発生した場合、受験者のスコアを取り消すことがあります (異常事態には以下が含まれますが、これらに限定されません)。

  • テストの実施上の問題 (不適切な時間設定、不適切な座席指定、テスト用紙の不備、機器の不備など)、およびその他の阻害要因 (自然災害や悪天候その他の緊急事態)。これらは状況によっては特定の受験者や受験団体、または複数の受験団体に影響を及ぼす場合があります。
  • テストセンターでの実施状況から、不正、不適切、不法な行為によってテストが正常に実施されなかったという判断が妥当である場合。ETSは独自の裁量に基づいて状況を判断し、不正行為に関する証拠がない場合でも、特定のテストセンターでの受験者のスコアを取り消すことがあります。

テストの実施がキャンセルされた場合、あるいは異常事態により採点ができなかったりテストスコアが取り消された場合は、日程変更手数料なしで別のテスト日を選択できます。

テストセンターに到着し、ETSによりテストがキャンセルされたことが判明した場合は、無料でテスト日の変更を行うか、受験料の全額払い戻しを受けることができます。

ETSがテスト実施をキャンセル、もしくは受験後のスコアをキャンセルした場合で受験者がテストセンターまでの交通費を負担した場合、受験者は当初のテスト日から30日以内に、受験者本人分に限り、適正かつ確認された交通費について払い戻しを請求することができます。払い戻しは米ドルで行われます。適正な領収書と次の情報を用意した上で、TOEFL® Servicesまでご連絡ください。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 郵送先住所
  • 日中の連絡先番号
  • 電子メール アドレス
  • 当初のテスト日
  • TOEFL 受験番号
  • テストセンターでどのようなことが生じたのかの簡単な説明

スコアの無効化/取り消し

受験者がスコアの正当性に影響を及ぼす何らかの行為を行ったことを示す情報があると判断した場合、ETSは受験者に対し、スコアの取り消しや今後のETSテストの受験禁止の措置をとることがあります。さらに、テスト管理者が規定を遵守しなかったことを示す十分な情報があるとETSが判断した場合、当該のテストからのスコアの全部または一部を保留または取り消すことがあります。

米国以外の受験者の場合、ETS はスコア取り消しの理由をスコア送付先に通知したり、団体受験ではスコア取り消しの理由を一般に開示することがあります。 注意:この方針は、米国以外の受験者のみ適用されます。詳しい情報については、ETS がテ TOEFL® ストスコアを疑問視する理由とその対処 を参照してください。

テスト実施に関する規定またはテスト監督者の指示に従わない場合、ETSはテストセンターからの退室命令、スコアの取り消しおよび今後の受験禁止を含むがそれらに限定されないあらゆる措置を講じる権利を有します。テストセンターから退室命令があった場合、またはスコアの取り消し措置を受けた場合、スコアを得ることはできず、受験料は払い戻しされません。

エッセイやスピーキングの設問に脅迫的または不快な応答をしたり、書面または口頭での ETS とのコミュニケーションにおいて脅迫的または不快な行為を働いた受験者に対し、ETS は適切な措置をとり、適格な機関 (法執行機関を含みますが、これに限定されません) に通報する権利を留保します。

受験者がSpeaking または Writing の設問に対して暴言やその他の不適切な言葉等で返答をした場合、当該受験者のスコアはゼロとなります。ETS は、不適切な言葉等による返答とは何が該当するかについて決定する権利を執行します。

免責事項

スコアレポートが発行されなかったり、スコアの保留または取り消し、受験者の将来の受験の不許可、あるいはETSの規定により受験者の情報開示を行ったことによる損害やクレームについてETSは一切の責任を負いません。

不審な行為の報告 — テスト不正行為ホットライン

テスト会場あるいはテスト実施に関連する状況で上記の方針に違反する行為にお気付きの場合は、スコア無効の対象となるか否かを問わず、速やかに ETS までご連絡ください。あなたの個人情報は機密に保持されます。

電子メール:
reportcheating@toefl.org
電話:
+1-609-406-5430
ファクス:
+1-609-406-0709