angle-up angle-right angle-down angle-left close user menu open menu closed search globe bars phone store

テストセンターからの退出処分の対象となる不適切な行為テストの機密保持に関する手順

テストセンターに関する手順および規定の詳細は、TOEFL iBT®登録要綱に記載されています。

不正行為や非倫理的な受験行為はいかなる場合も認められません。ETS は、受験者が自分の力だけで試験の全部または一部を回答しなかったということの証拠、または試験の問題や解答を事前に知っていたということの証拠として、統計的評価方法またはその他の専門的評価方法を使用します。ETSが、受験者が受験前、受験中、または受験後にテスト問題、トピック、回答を共有、または取得することによって不当な利点を得た、テストの全体または一部が他者によって、または登録された受験者以外の誰かの支援を得て完了したと判断した場合、ETSは、当該受験者の事前登録取消や、当該受験者のスコアの保留もしくは取消、および/または将来における受験を禁止する権利を行使する場合があります。

スコアが保留されると、調査が完了しスコア保留が解除されるまで、機関へスコアが送付されることはありません。

ETSの調査により受験者のスコアがキャンセルされる場合、または受験当日や受験後日非倫理的な行為が確認された場合、当該の情報が機関または団体の意思決定プロセスで考慮されるようにするために、ETSはその懸念を受験者が選択したスコア送付先(学校、機関等)と共有する場合もあります。ETS はスコアを受領した機関すべてにキャンセル通知書を送ります。

テストセンターの管理者は、違反者をテストセンターから退出させる権限を有します。またETSは、TOEFL®のウェブサイトに掲載されている、またはテスト当日にテストセンターで伝達されるBulletin(要綱)に定められている規約、および手続き規定に違反する行為に対し、スコアの取り消しおよび/または今後の受験の禁止を行う権利を有します。当該の違反行為には次のものが含まれますがこれらに限定されるものではありません:

  • テストの全部または一部を、誰かの代わりに受験しようとしたり、自分の代わりに他人に受験させた場合、またはそれを試みた場合。
  • テストの内容、メモ用紙、テストに関連するメモを持ち去った、または持ち去ろうとした、または送信した場合。状況の如何にかかわらず、テスト内容の全部または一部 (ハードコピー、口頭、電子的など手段を問わず) の削除、複製、送信および/または第三者への開示をする恐れがある場合。
  • 許可されていないときや、テスト終了の合図のあとの時点で、テストもしくはテストセクションの参照、見直し、または回答を行った場合。
  • 有効な身分証明書を提示できない場合。
  • テストの実施前に、テスト内容、テストの一部、またはテストに関する情報 (テスト問題、トピック、解答を含む) を取得した場合、またはそれらを不正にアクセスした場合、または、事前に知り得たテスト情報を何らかの形態でテストセンターに持ち込んだ場合。これには、身分証明書に記載した形での持ち込み、禁止されているデバイスを通じての持ち込み、および、テストに関連した補助物として使用されるあらゆるその他の手段を介した持ち込みが含まれます。ETS は事前に情報を入手したという証拠がある場合にスコアを取り消す権利を留保します。
  • 携帯電話、時計、その他の電子機器をテストセンターで使用することは禁止されており、違反者はテストセンターから退出させられ、かつ/または ETS によりスコアを取り消されます。受験料は払い戻しされません。
  • 以下のような認められていない補助物を使用、または保持した場合:
    • シャープペン
    • ペン
    • スキャンペン
    • 計算機
    • あらゆる時計機器
    • 書籍
    • 小冊子
    • ノート
    • 認められていないメモ用紙
    • 定規
    • 蛍光ペン
    • ヘッドフォン付きステレオまたはラジオ
    • 辞書
    • テスト対策用ツール
    • 翻訳機
    • あらゆる電話機器
    • リスニング、記録、スキャン、音声、写真撮影などが可能な電子機器
  • 本人確認書類以外の私物の試験会場への持ち込み。衣類およびその他の私物は試験監督者による検査対象となります。受験会場では、特定の衣類またはヘアアクセサリが禁止される場合があります。調査または禁止されるアイテムには以下のようなものがあります:
    • ネクタイ
    • ボウタイ
    • 帽子
    • スカーフ
    • ジャケットやその他の上着
    • クリップ
    • カフスボタン
    • くし
    • バレッタ
    • ヘアバンド
    • ジュエリー(結婚指輪を除く)
  • コンピュータの改ざん
  • テスト中または休憩中に許可なく、テストが実施されている室内もしくはその付近、またはテストセンターの建物から離れた場合。
  • テストセンター内への武器や火器の持込み
  • 受験する室内に食べ物や飲み物を持ち込んだ場合 (障害または健康上の理由による特別の対応を認められている場合を除く)。
  • 受験する室内にたばこや電子たばこを持ち込んだ場合。
  • 規定の休憩時間を超過した、または規定外の休憩を取った場合。休憩についてはテストセンターのスタッフが厳重な監視を行い、所定の回数または時間を超えて休憩を取った受験者がいれば通報する義務を負っています。
  • 休憩時間を利用して、もしくは Speaking セクションの開始を遅らせることにより、Speaking セクションの回答の準備を行った場合、または、Spleaking セクションの問題に対する回答について何らかの支援を受けた場合。
  • 提供されたメモ用紙やその他何らかの手段を利用して休憩中にエッセイの準備をした場合。
  • 所要時間や回答の傾向に不審な点がある、またはテストのさまざまな部分に関してパフォーマンスが一貫していない、他のテストと矛盾するパフォーマンスがあるなどの理由により、回答の無効性が明白である場合。
  • Writing もしくは Speaking のセクションでの回答が他の TOEFL テスト受験者の回答と著しく類似する要素を含んでいることが明白である場合、または公開・非公開を問わず何らかの資料に記載された言葉や概念を出典の明示なしに引用している、もしくは言い換えて使用していることが明白である場合。
  • 何らかの迷惑行為や脅迫的行為におよぶことで、試験の実施を妨害した場合。いかなる形式でも、試験を妨害する行為は許されません。テストセンターの監督者には、妨害行為を断定できる独自の裁量権があります。
  • 助けを受けた、助けを受けようとした、他者を助けた、または他者を助けようとした場合。テスト中または休憩中にテスト問題、トピック、回答について話し合ったり情報を共有したりする行為は、その形式にかかわらず一切禁じられています。また、試験後にもテスト問題、トピック、回答について話し合ったり情報を共有したりすることは禁止されています。これには、チャット、回覧板、フォーラム、SMS メッセージ、テキストメッセージ、電子メール、写真などによるコミュニケーションも含まれます。
  • このウェブサイトに記載されているBulletin (要綱) に定められている規定、テストセンターの監督者からの指示、その他の資料に記載されている指示内容示に従わない場合。

テスト実施上の規則やテストセンター監督者の指示に従わない場合、ETSは今後の受験の禁止やスコアの取り消しを含むがこれらに限定されない、 あらゆる措置を講じる権利を有します。スコアが取り消しになった場合、受験生には通知されず、また、受験料も返金されません。

次:テスト日の変更